だれ、この人?芋ブログにいきなり現れたランニング中毒者。

芋ブログにいきなり現れた謎の人物

芋ブログに突如異変が起こっているのを気づいている方もいるかもしれない。

だれ、この人?

そう思われている読者の方もいるだろう。

突如あらわれた謎の人物。

あれ?なんか芋太郎とテイストが違う…

そうなのだ。

本日から芋ブログは芋太郎だけのブログではなくなった。

共同執筆者が現れたのだ。

一つ言っておこう。

彼は完璧にランニング中毒者だ。

まず、そのネーミングがヤバいだろう。

「富土通」…、何と微妙なセンスであろう。

笑うに笑えないし、めんどくさいことこの上ない。

MGCで富士通の中村匠吾選手が優勝したもんだから、余計のこと分かりにくい。

あー、あの富士通ね。えっ?でもいいの?そんな企業名をハンドルネームに掲げちゃって…

よ~く見てもらうと分かると思うが、「士」じゃなくて「土」なのだ。

「ふじつう」ではなく、「ふつう」らしい…。

どうでもいい。

ぜんぜん笑えない。

むしろ面倒くさい。

変換が面倒くさいのだ。

富士通と打ち込んでから、士を消して土と入力。

何なんだよ、このスピード化著しい時代に微妙な嫌がらせ的なハンドルネーム…

しょうがない。

ランニング中毒者とはこんなものだ。

普通の人と考えることが違うのだ。

こんな「富土通」氏を採用した私がすべて悪いのだ…。

なぜ「富土通」氏を起用したのか?

いきなり芋太郎がラン中「富土通」氏を起用して、戸惑っている方もいるかもしれない。

え?え?これから芋ブログってどういう立ち位置で読んだらいいわけ?

そんな風に思ってしまった人も多いかもしれない。

そんなに大げさに真面目に読んでもらうほどのブログではないと思うが…。

なぜ芋太郎がラン中(ランニング中毒者)の「富土通」氏をブログの共同執筆者に招聘したか、理由を書いておこうと思う。

①9か月の休眠期間を見越して

このブログのタイトル通り、私は3カ月でハーフマラソン90分切を目指している。

3か月でハーフ90分切で終わり。私はその先を見ていない。

今年の小江戸川越マラソンでハーフ90分切を達成してそれで終わりなのだ。

仮に達成できなかったら?

それはそれで、来年また9月から3か月でハーフ90分切を目指すだけ。

ということは11月後半の小江戸川越マラソンが終了すると、9カ月の長い長い休眠期間に入ることになる。

当然、ランニングをしていない期間の記事更新は間違いなく滞る。

ブログというのは、やはり興味関心もそうだが、実際の体験とか生活に根差していないとなかなか書けないモノなのだ。

9カ月の休眠期間に今の更新頻度、今のクオリティを保って芋ブログを書くのは不可能に近い。

しかし、広告収入を狙うこの芋ブログにおいて9カ月も何も更新がないのは痛すぎる。

グーグル神に間違いなく嫌われて、検索表示順位はダダ下がりするだろうし、せっかくFacebook広告チートで獲得してきた読者たちも飽きさせてしまうだろう。

Facebook広告チートとは?

iMopedia(芋ペディア)

そこで「富土通」氏の出番という訳だ。

当たり前だがランニング中毒者である彼に休眠期間は存在しない。

いや、むしろ11月後半から3月あたりにかけては最も活発化する季節ではなかろうか。

夏の灼熱の中でのトレーニング方法だって何かしらあるだろう。

芋太郎が悠々と行田の「古代蓮の里公園」で古代蓮を見ているときだって、熱中症ギリギリのところで「富土通」氏はどこかで走っているはずなのだ。

9カ月の芋太郎の休眠期間中、このブログを稼働させていくためには純真無垢なランニング中毒者の生贄が必要だったわけだ。

②記事の更新頻度を上げるため

もちろん、休眠期間の9カ月だけじゃない。

利用価値はすでにこの時点から始まっている。

やはり「富土通」氏、ランニング中毒者である。

真面目である。

芋太郎も知らない間に、いきなり今日3本の記事を投稿している。

しかもバリバリのランニング哲学全開だ。

やはりラン中(ランニング中毒者)は言いたいことがたくさんあるようだ。

発言する場を与えられると頼まれた以上に頑張ってくれる。

当然、芋太郎的には更新頻度が上がれば上がるほど、グーグル評価も高くなるし、ブログとしての価値も上がる。

ラン中「富土通」氏が己の魂を叫べば叫ぶほど、芋太郎的にはおいしいのだ。

いっそのこと世の中の真面目なランニング中毒者をごっそり集めて共同執筆者にして、最強の更新頻度を誇るランニングブログを作っても面白い。

「富土通」氏のように騙される人がどのくらいいるかは分からないが。

③ランニングブログでお小遣い稼ぎができるという証明のため

実は「富土通」氏はこのブログの執筆の前にもSNSなどで自身のランニング記録や思いを発信していた。

それを金銭欲まみれのランニング初心者、芋太郎に目をつけられたわけだ。

そんなに頻繁に一生懸命記事を更新しても、そのやり方じゃお小遣い稼ぎにもならないよ?

ちゃんと広告収入につながる舞台をつくらないと。

そんな感じの口八丁で何も知らない「富土通」氏をこのブログに引き込んだ。

私としてはこのランニング中毒者「富土通」氏がブログでお小遣い稼ぎまでできるようになったら勝ちだと。

ラン中の「富土通」がランニングブログでお金を稼いでいるだって?

あの走ることしか頭にない「富土通」が?

じゃ、自分もブログ書いてお金を稼げるんではないかい?

そうやって世間にうようよいるラン中の人たちが思ってくれれば勝ちだと。

申し訳ないが「富土通」氏はある意味で実験台だ。

一生懸命ランニングをして、一生懸命思いや活動記録を発信することでお金に結びつけることができるんだよ、という実験。

まあ芋太郎の野望と言ってもいいかもしれない。

「富土通」氏がそのあたり、どのくらい理解しているのかは知らないが、とりあえずこのまま記事をたくさん更新してくれればありがたい。

一体何なのこの人?と詳しく知りたい人は「富土通」氏が自己紹介をしているからそっちを見て欲しい。

あ~あ、典型的なラン中だな、この人…と分かると思うので。