ランナー同士は目ですべてを語る・・・?

今日こそは追い込まないで終える!

昨日はサッカーマン一騎当千ランナーのおかげで散々追い込むランになってしまった。☞ 昨日の記事

今日こそは平穏無事にランを終えたい。

強敵が現れないようにランナーがいなそうなコースを計画していた。

ゆっくり15㎞くらい走ろうかと。

朝起きるといつもは寝静まっている家族がもう起きている。

「今日、9時半から児童館行くから。」

ということで9時に長女をバスに乗せる係が私に回ってきた。

この時点でタラタラ15㎞コースはアウト。

理想とはなんと儚いものであろうか。

理想通りにはいかない、それがランニングだ。

どこかのランニング中毒者が言いそうなセリフを言ってしまった、恥ずかしい…

とにかく10㎞コースだ。

7時半前後に帰ってきてシャワーを浴びて、いろいろやって9時にバスを迎えるには10㎞コースしかない。

入間川沿いの自転車歩行者専用道…

サッカーマンはまだいいとして、一騎当千ランナーだけは本当にごめん被りたい。

二日連続であの人のペースメーカーになったら、私は発狂するだろう。

結果、本日は厄介な上級ランナーには出くわすこともなく、何となく思惑通りのランができたような気がする。

最後の300mは芋ピーダッシュをしかけたが、なかなかピー感が鋭くなってきたように思う。

すれ違い様、目が合うその一瞬…

本日は特別、芋太郎を困らす厄介なランナーには出会わなかった。

一人、3㎞地点で追い抜いたランナーの格好が私にとても似ていた。

その人だけは覚えている。

白い帽子。

上下黒のウェア。

あとはスポーツタイツを履いていた。

ちなみに私はここぞという時以外は、スポーツタイツは履かない。

私にとってスポーツタイツはエナジードリンクみたいなものだ。

履くことで走るときの負担が減るような気がする。

いや、足を動かす手助けをしてくれるような気がする。

つまり、スポーツタイツは芋太郎に翼を授ける。

毎度のトレーニングでそれを履いていたら、何というかドーピング的な罪悪感がある。

手助けを借りてるから、トレーニング効果もイマイチないんじゃないか。という罪悪感、不安。

ハーフの距離をタイムトライアルするときくらいしか履かないのだ。

今日のランナーが履いてるタイツはバリバリのサポート機能がついてる感じのヤツじゃなくて、防寒程度という感じのタイツだった。

靴はアディゼロのボストンだろうか。

芋太郎はそのあたり詳しくないので分からないが、それほどファストタイプではないような気がする。

後ろ20mくらいのところでラップを確認。

キロ5:15くらい。

走るフォームはまだまだ安定していない感じ。

なよなよ感が残っている。

といってダイエッターとか、意識高い系遊ランSNS映え狙いランナーでもなさそう。

そうするとこの人のシューズの選択は適切か。

この人はいずれランニング中毒者になるかもしれないな…。

そんなことを考えながら、私と似たような格好をしたランナーを抜き去る。

5㎞地点で折り返し、再びそのランナーとすれ違う。

お互いの目が合う。

向こうが少し、頭を下げたようなしぐさをする。

芋太郎も微妙な感じで返す。

「お速いですね。」

「いやいや、私なんて世の中の市民ランナーの皆さんに比べれば…」

「走歴はどのくらいなんですか?」

「一応、9年目に突入してますけど、年間3か月だけなんですよ、走るのは。」

「そうなんですか。どのくらいのタイムで走るんですか?」

「自己ベストは一応ハーフで90分をちょっと切るくらいです。」

「えぇ!3カ月だけで90分切りですか!?スゴイですね~」

「いやいや、私なんて世の中の市民ランナーの皆さんに比べれば…」

「私は去年初めてレースに出たんですが、2時間ちょっとでした。今年は2時間切りたいんですよね。」

「その走りだったら、行けるんじゃないですか?ところで、シューズは何を履かれているんですか?」

「あ、アディゼロのボストンです。それは、もしかして匠錬?」

「そうです、ちょっと古い型ですけどね~」

「匠錬なんか私はまだまだ履けないな~」

「いやいや、私なんて世の中の市民ランナーの皆さんに比べれば…」

目が合うその一瞬、その一瞬でこれだけの会話をお互いがやり取りをする。

そうなのだ、これがランニングの素晴らしさなのだ。

ランナーはランナーを尊重する。

ランナーとランナーは一瞬で通じ合う。

ランナーであること、その一点だけで我々はすでに仲間と言える。

…とは、芋太郎は思わないが、この人が

「なーに、人のシューズとタイツをジロジロ見てんだ?この変態野郎!」

とだけは思っていないことを願う。