台風を予測しトレーニングを組み立てるのが、ランニング中毒者なり。

台風19号が来る!

今週末、台風19号が来る。

ウワサによるととんでもない強さとのこと。

備えをしなければならない。

芋太郎は家の敷地に置いてあるしょぼい方の倉庫を固定した。

話は脱線するが、田舎住まいに倉庫は必須だ。

芝刈り機、竹ぼうき、熊手、脚立、BBQ用品、その他もろもろをしまわなければいけない。

ケチな芋太郎ははじめ1万円ちょっとのしょぼすぎる倉庫を買った。

すぐに限界が来た。ちょっとした掃除用具だけで満杯になった。

仕方がないので、その10倍くらいの値段をはたいて業者にそれなりにしっかりしたものを設置してもらった。

業者に設置してもらった方はコンクリートに打ち付けてある。

しかし、しょぼい方は芋太郎が組み立てて地面に置いてあるだけ。

台風19号で、そのしょぼい倉庫が倒れないか心配だ。

適当に紐を括り付けて家の柵につないでおいた。

妻がそれを見て言った。

「こんな適当で本当に大丈夫なの?」

「ならオマエがやれ!」

とは、芋太郎は決して言わない。

そんなことを言えば、台風19号が来る前に何かが倒れ、自分が下敷きになることが目に見えている。

あまり乗ることのなくなった原付も家の壁ギリギリに寄せた。

となりの家との目隠し用に柵に括り付けてある木のオブジェ的なものも、より強固に括り付けた。

ひょろ長く伸びた木も、倒れたら怖いから少しばかり切った。

トレーニングを組み立てろ!?

と、芋太郎は台風に備えて普通の行動をとっている。

これは災害を前にした一般人の当たり前の動きだ。

当たり前の意識だ。

一つ聞く。

ランニング中毒者の方々。

まさか、アナタ方は台風が来る日を考えてトレーニングを組み立ててはいないか?

台風でどうせ走れないから、台風が来る前にポイント練習を入れておこう、などと備えてはいないか?

台風に備えるとはそういうことではないぞ!

断じて、そういうことではない!

台風で強制休足だから、その前に〇〇をやっておこう。

予報を見ると2日程度潰れるから、思いっきり追い込んでおこう。

それは台風に備えるとは言わないぞ!?

台風が来る日、来る時間帯と自分のトレーニングを照らし合わせて悩んでいる場合じゃないのだ。

「台風⇒トレーニング⇒安全」の思考はランニング中毒者の証

と、言いつつ今週の芋太郎はやっぱり台風を考えて追い込もうと考えている。

芋太郎の地域は土曜に台風が当たるだろうから、木、金は目一杯追い込もうと。

今週は、火曜、水曜も追い込んで来たので、それこそ週4で追い込みまくってやろうと。

どうせ土曜日は何もできない。

ただ、ここはハッキリ主張しておきたい。

私はランニング中毒者の方々とは違う。

決して、台風⇒トレーニング、という思考になったわけではない。

ちゃんと、台風⇒安全⇒トレーニング、という正しい思考で進んでいる。

おそらくラン中の方々は、台風⇒トレーニング安全の思考経路だったはず。

ここは非常に重要なポイントだ。

普通は安全第一だ。

安全が台風の次に来るのが正常だ。

だから芋太郎はまだまだ正常なのだ。

正直に言ってほしい。

このブログを読んでいるランニング中毒者の方々。

台風⇒トレーニング⇒安全、という思考回路をたどった人、わりといるはずだ。

災害の恐ろしさを知らない埼玉県のランニング中毒者たちは、とくにそういう傾向があるのでは?と予測している。