芋太郎は坂道ダッシュに最後の希望を見出す!

今シーズン初の智光山公園ラン!

芋太郎の家の近所に智光山公園という公園がある。

ランニング向きとは言えないが、かなりの敷地面積を誇る狭山市随一の公園だ。

どちらかというと、自然観察が売りで、園内はちょっとした山の様相を呈している。

園内には入場料が大人200円の動物園もあり、近所に住む子連れ家族は重宝する。

芋太郎はたまにだが、ここを走る。

山の様相呈する智光山公園のまさに整地されていない山っぽい雑木林の中を走る。

朝6時台の雑木林。

不気味だ…。

200mくらい先に黒い1mくらいの物体が見えた。

一瞬、熊か何かかと思って警戒してペースを落とした。

ベンチだった。

昨年はなかったベンチが2つ設置されていた。

やめてほしい。

こんな誰も通らないようなところにベンチを置くのは。

智光山公園の自然の中をジョギングペースで走っていると、ずいぶんと気分が乗ってきた。

昨日、5㎞のタイムトライアル+坂道ダッシュ3本を行ったので、今日はジョギングで済まそうと考えていた。

Facebookのページで、ありがたいことにランニング中毒者の方から「休息は大事!栄養も大事!」というアドバイスをいただいていた。

小江戸川越マラソンの直前だ。

ココは素直に経験豊富な方のアドバイスを忠実に守ろうと決意していた。

が、智光山公園の自然エネルギーが芋太郎に野生の勘違いパワーを与えてしまった。

公園を抜け、家に向かう道はやや下りの道が続く。

調子に乗ってペースが上がる。

結局、4分10秒切りのタイムが出てしまった。

と、ここで気づく。

今、自分が下ってきた坂道…

300m級の坂道発見!坂道ダッシュするしかない!

まず、今日は知ったコースを見てもらおう。

まさに智光山公園縦断コースだ。

芋太郎は右側から入り、左側(テニスコート側)に抜けた。

少し南に下り、左折する。

ここから、やや下りの道がずーっと続く。

そして、地図中の緑枠のところ。

坂道の終わりなのだが、ここで一気に傾斜が急になる。

300mほどの本格的な坂道だ。

ここで芋太郎は気づいてしまったのだ。

「この坂道…、小江戸川越マラソン新コースのラストの心臓破りの坂攻略に使えるのでは!」

その瞬間、くるりと向きを変え、坂道を芋ピーダッシュで登り始めた。

もはや、心優しいランニング中毒者の方の温かい忠告はどこかに消えてしまっていた。

この坂でとりあえずの坂道ダッシュ3本

ラスト1本で右膝にほんの少しの違和感が発生。

家に引きあがることを決めたのだが、このままジョグで帰っても…

ということで、適当に100mダッシュ、200mダッシュを入れながら家に向かう。

いや、あと一本くらいは坂道ダッシュしておかないと、あの心臓破りの坂は攻略できんぞ…

ということで、ラスト、家の近くの坂道で1本ダッシュ

結局、疲労抜きジョグ的なこともできずに本日のランは終了した。

明日は埼玉県民の日。

仕事を休み子供と遊ぶ予定なので、マジでランも休む。

忠告いただいた方、本当に明日は休みます!