ストレスを忘れたいなら追い込め!!

サボったわけじゃない!

まず最初に言いたい。

一日おきのランニング。

サボったわけじゃない。

一日おきの間隔で行けば本来木曜日にランニング記録の記事更新だったはず。

ちゃんと芋太郎は走っていたのだ。

まあたった2㎞のタラタラジョギングだったけども。。

木曜日は午前中から少し遠出をして人に合わないといけなかったのだ。

芋太郎も一応は貧乏でも経営者の端くれだ。

自ら仕事をとりに行ったり、今後の事業展開のために勉強なるものをしなければならない時がある。

そして、さらにはお客様への請求時期にそんなことが当たってしまえば、時間的には完全に詰む。

芋太郎は決して仕事が早いスマートなエリートビジネスマンではないのだ。

大体、2つか3つのことが重なれば時間的にも精神的にも詰む。

まあ言い訳をタラタラ重ねても仕方がない。

とりあえず木曜日のランニングの記録を示し、証拠とさせていただく。

それなりに抱えることはアリ…芋ピーダッシュ!!

そして今日、土曜日。

4連休の初日。

お客様からのご意見メールが朝から入っていた。

クレームまでは行かない。

本当に真摯に考えてのご意見メールだ。

が、やはり気にしてしまう。

それなりに自分たちの仕事の至らなさにどよ~んとした気分になる。

ということで、なんと返信しようか悩んでいると時間の無駄になると思ったので、とりあえずランニングに出かけた。

2㎞ほどジョギングペース。

それで気分もリフレッシュ・・・するわけない。

ずっとお客様への返信のことばかり考えてしまう。

そうなのだ。

追い込まないような気分転換ジョグなどで、モヤモヤした気分が晴れる訳などない。

身体が余裕であれば脳が回る。

脳が回れば考えることは、仕事の悩みばかりだ。

ということで3㎞目からは芋ピーダッシュを仕掛けてみた。

それこそ、辛くて仕事のことは何も考えられないくらいにダッシュをしてみようと。

そんなこんなで2㎞ほど4:30を切るラップを刻むことができた。

この芋ピーダッシュの間、試しに無理やり仕事のことを考えようとしたが、サッパリできなかった。

身体に余裕がないと考えることは、「どこまでこのペースが維持できるか」「まだイケるか」「あぁ苦しい、苦しい、苦しい、無理無理無理無理」「あとちょっと、あとあの曲がり角まで」「うおぉぉぉ、まだあと50mあんのかよ~」みたいな直近、もしくは極数秒先のことしか考えられなくなる。

で、走り終わると呼吸を整えるだけの時間が数分間。

まあこのくらいな感じでやるとちょっとはモヤモヤが晴れるんだな、と。

ということで芋太郎的には「仕事のストレスを発散させるために、ちょっとジョギングでも」という考えは甘いということだ。

「仕事のストレスを発散させるためには、少なくとも犬の散歩中のおじいちゃんが驚いて振り向くくらいの追い込み方はせねばならん」ということだ。

そうすればしばしの間、仕事のことなど考えている余裕はなくなる。

ガーミン、サラッと進化しとる!?

このブログを書くときはガーミンコネクトなるもののデータに頼っている訳だが。

いつのまにかアップデートされていたのか、走ったコース記録の画面が進化していた。

なんとペースにあわせて色が変わっている。

青が遅く赤が速い。

この走行経路をみれば、芋太郎がどこで芋ピーダッシュをしかけ、どこでへたばったのかが一目瞭然だ。

ガーミンの心遣いに感謝する。

やはり顧客サービスをここまで考えるのが仕事というものであろう。

大企業の仕事というのは本当に頭が下がる。

芋太郎もその数万分の1ミリでも真似できるよう仕事に励もうと思う。