早く速くなることを望む芋太郎は5㎞走のタイムに不満…

本日の5㎞走のタイムが微妙…

微妙だ…。

今日は最初から芋ピーダッシュをしかけた。

入りの1㎞は合格。

スロースターターの芋太郎としては、朝起きて一番の1㎞としては上出来。

2㎞も合格。

4分切りができていれば問題ない。

しかも、100%ギリギリの感じでもない。

3㎞で失速。

西武文理小学校脇の上り坂でやられた。

上りもあれば下りもある。

いつもなら折り返しの下りで加速できるはずがタイムが上がらない。

特別足が重いとかはなかったのだが。

その後、4㎞、5㎞と必死に抗ってみたが結局タイムはイマイチ上がらず…。

モヤモヤが残る本日のランとなってしまった。

日曜日のハーフ走の疲れが残っているとは思えないのだが。

やっぱり前言撤回!ターサージールをもう一足!

先日、同じコースで5㎞を走ったときはもっと速かった。

とにかく、後半3㎞を4分切りでまとめられた。

何が違うか考えてみた。

先日の5㎞走

・ワコールのスポーツタイツ着用

・ターサージール6着用

今日の5㎞走

・ワコールなし

・ターサージール5着用

なるほど、ここか!

いや、読者のみなさんの言いたいことは分かる。

道具じゃなかろう、と。

オマエ自身の調子と根性の問題だろうが、と。

しかし、芋太郎は自分自身が原因だと考えるとストレスが溜まる。

トレーニングが足りないだの、疲れが溜まってるだの、何というか己のランニング自己分析をしてしまうと無限じゃないか。

そうすると、明日のトレーニングはこう変更して、週末のポイント練習はコレに変えて、うんぬんかんぬん…

芋太郎は断じてランニング中毒者ではない!

そういうことを考えるのが好きではないのだ。

「今日は、タイツとターサージール5だったから、タイムが遅かったんだね。うん、そうだね。」

これで終わらせることができれば何とも楽な話ではないか。

ということで、今度の5㎞走はワコールのスポーツタイツとターサージール6を投入したいと思う。

ここで、一つ前言撤回を。

先日の記事で今年はシューズを新調しないと言った。

去年履いたターサージール6を今年もレースシューズにすると。

しかし、これから2週間程度、タイムと戦う上でどうしてもターサージール6の力が必要になりそうだ。

1足ではコイツに対する負担がデカすぎる。

やはり、もう1足のターサージール6が必要なんではないか?

少しググってみたが、マラソンシューズは500㎞くらいで買い替え時、なんて記述もあった。

まだまだ500㎞までは行っていないが、やっぱり連闘させるのはかわいそうじゃないか。

芋太郎だって14連勤とかなったら発狂すると思う。

ということで、本日ターサージール6をネットショッピングで買おうと思う。

全く同じものなら試着なしでも安心だ。

以前にランニング中毒者はネットショッピングを利用する、なんてことを書いたような気がするが…。

いや、普通に初心者でもネットショッピングでランニング用品買うってことで。