キロ5分を余裕で走るって実はスゴイぞ?

本日のランでキロ5分で余裕のジョグをすることの凄さを知る

まずは本日の何の変哲もないランの記録から。

例のごとく朝起きて準備運動なしで速攻でランニングに出かけた。

とにかく走りたくないオーラに包まれる前に家を出ないといけない。

先日の反省を生かしてトイレだけは済ませた。

トイレに行かないとこうなる。

三つ巴、利害の一致をみる

1㎞目は準備運動がてらのタラタラジョギング。

何となく目が覚めて来てスピードアップ。

調整を間違えてわりと追い込む2㎞目になってしまった。

が、しかし、タイムは5:04…

キロ5分ってこんなに大変だったっけ?

何となく引き返せなくなり次の1キロはもう少しだけ踏ん張ってみる。

4:58…これでぴったりキロ5分。。

辛い…

ここまで来ると今日もやっぱりビルドアップの平塚さんの登場だ。

ビルドアップの平塚さんとは?

iMopedia(芋ペディア)

脳内に平塚さんを呼び起こす。

「効果抜群!」

脳内で平塚さんに無理に叫ばせる。

それでも次が4:51、最後は目いっぱい飛ばしてみたが4:39…

ランニングの厳しさをまざまざと見せつけられている。

ランニング中毒者にとってキロ5分で5㎞など本当に大したことのないタイムであろう。

涼しい顔で淡々と景色を見ながら、なにか考え事をしながら余裕でシレっと走るスピードと距離であろう。

しかしだ。

9カ月間、ランニングをサボりにサボりまくった芋太郎がはっきり言おう。

キロ5分でシレっと「ちょっとそこまで」みたいな感覚で走れるってわりと異常だ。

キロ5分って結構辛いぞ?

だからラン中の方々は、ランニング初心者の人たちに決して言ってはいけない。

たまに趣味程度で走る人と一緒に走ろう、みたいな話になったときに当たり前のように「じゃあ、とりあえずキロ5分くらいで走りましょうか?」などと。

キロ5分って普通の中年が「とりあえず」で走れるスピードじゃないからね。。

体重が減らない!

今日の衝撃は何といっても芋太郎の体重だ。

53.3キロ!

初日よりも増えとる!!

なぜ!?

明らかにサボりにサボっていた9カ月よりも運動してるのに。。

暴飲暴食をした記憶もない。

まあ、走っているって言っても、せいぜい5㎞程度を2日に1回じゃこんなもんか。。

いや、腹筋も併せてやってるから脂肪が筋肉にかわって重くなっている、脂肪筋肉変換期だからかもしれない。ま、そういう変換期があるのかどうかは全く知らないが。

12月に健康診断があるから、そこまでには何とか51キロ台にのせておきたい。

現在、芋太郎の腹ははんぺんみたいな触り心地の絶賛貧相なオジサン腹をしているが、多少の割れ目が見えるくらいまでは仕上げたい。

別に何のアレもないのだが、健康診断ではここ数年、担当の看護師的な人から「痩せてて羨ましいわ~」と言われているので、そこは何とか今年も死守したいな、と。

まあ、今年の芋太郎がランニングで自己満足できるのは健康診断くらいになりそうだ。