【まとめ】メーカー各社のカーボンプレート(その他高反発プレート含む)搭載ランニングシューズ(価格)

トップ写真出典元:ナイキ公式サイト

メーカー各社のカーボンプレート搭載(内臓)シューズ

もしくは、他の高反発プレートを搭載しているシューズについてまとめてみました。

さらっと、まとめていますので構造などはメーカー各社の公式サイトをご覧いただきたいと思います。

※記事内「カーボンファイバープレイ」をカーボンプレートと略表記

ナイキ

ズームフライニット

価格 17,280円(税込)

現在販売終了

わたしが初めて購入したカーボンプレート搭載のランニングシューズです。

初めて履いた時は、すごいインパクトでした。

とても良いシューズだと思います。

2足購入しました。

ズームフライニットについては、後継モデル「ズームフライ3」との比較や走行レビューを別記事で詳しく書いてます。ご興味あれば以下をご覧ください。

 

ズームフライ3

価格 18,700円(税込)

現在、公式オンラインショップでほとんどのサイズが購入できます。(2020年2月27日現在)

1足購入しましたが、わたしには重い印象です。詳しくは上のリンクをご覧ください。

 

ズームXヴェイパーフライNEXT%

価格 30,250円(税込)

公式オンラインショップでサイズによって購入できます。(2020年2月27日現在)

わたしが現在持っているカーボンプレート搭載シューズの中で、文句なしに1番素晴らしいシューズです。(わたしにとっては)

 

エアズームアルファフライNEXT%

写真出典元:ナイキ公式サイト

価格 33,000円(税込)

2020年3月1日先行発売

NRCアプリを利用して、規定タイム内でフルマラソンを完走した方が対象のようです。

規定記録は

男性:フルマラソン2時間50分以内

女性:フルマラソン3時間40分以内

このタイムじゃ、わたしはまったく無理です。

箸にも棒にもかからない・・・

 

アディダス

アディゼロ プロ

出典元:アディダス公式オンラインショップ

価格 24,200円(税込)

2020年4月1日発売予定

アディダスが初めてカーボンプレート搭載のシューズを販売します。

販売が予定されているカーボンプレート搭載のシューズの中で、1番興味があります。

ブーストフォームとカーボンプレートがどのような推進力を生むか楽しみです。

ヴェイパーフライNEXT%を履く前は、長い間アディダスの「匠練ブースト」がレースシューズでした。

これは是非、履いてみたいと思っています。

 

アシックス

メタレーサー

出典元:日本経済新聞公式サイト

価格 未定

2020年4月中旬発売予定

2020年のニューイヤー駅伝でトヨタ自動車の大石港与選手がプロトタイプ(試作品)を履いて好走しました。

カーボンプレートではない高反発プレートのようです。

アシックスユーザーには楽しみなシューズではないでしょうか。

 

ニューバランス

FUELCELL 5280

出典元:ニューバランス公式サイト

価格 24,200円(税込)

2019年9月 限定販売終了

タウンシューズとして考えると、デザインはけっこう好きです。(もう購入できませんが)

公式サイトでは超軽量のカーボンプレート搭載とうたっていました。

 

FuelCell TC

価格 24,200円(税込)

2020年3月9日 販売終了

3月9日12:00販売で夕方、オンラインショップを見たらSOLD OUTでした。

マラソンとトレーニング、両方のシーンで活用できるように開発された「FuelCell TC」。

FuelCell 5280」と同じ高い反発弾性を発揮するFuelCellミッドソールに、剛性を高めるフルレングスのカーボンファイバープレートを組み合わせることにより、高いランニングエコノミーを発揮するのが特徴です。

出典元:ニューバランス公式オンラインショップ

 

 

ホカオネオネ

カーボン X

出典元:ホカオネオネ公式オンラインショップ

価格 26,400円(税込)

公式オンラインショップでほとんどのサイズが購入できます。(2020年2月27日現在)

公式サイトによると27.0㎝のサイズで重さが240gでした。

わたしが持っている「ズームXヴェイパーフライNEXT%」(以下適時VFN%)は同サイズの27.0cmの重さが187g(実測)です。

それと比べると、かなり重い印象です。

同サイズのVFN%の廉価版「ズームフライ3」が259g。

その前身の「ズームフライニット」が244gですから、それよりやや軽いといった感じです。

この重さだと、私の場合レースシューズとしてはちょっと手が出しにくい印象です。

 

ミズノ

ウエーブデュエル GTZ

出典元:ミズノ公式オンラインショップ

価格 17,600円(税込)

公式オンラインショップでほとんどのサイズが購入できます。(2020年2月27日現在)

公式オンラインショップでは「陸上スパイクのDNAを受け継ぐ、ウエーブプレートを新たに搭載。高反発スピード走行を。」と書かれています。

他メーカーの上位モデルの高反発プレートシューズより安価です。

 

ウエーブデュエル

出典元:ミズノ公式オンラインショップ

価格 15,400円(税込)

公式オンラインショップでほとんどのサイズが購入できます。(2020年2月27日現在)

公式オンラインショップではこちらも「陸上スパイクのDNAを受け継ぐ、ウエーブプレートを新たに搭載。高反発スピード走行を。」と書かれています。

「ウエーブデュエル GTZ」の廉価版もしくは練習用との位置づけのシューズなのかもしれません。

 

ウェーブ エアロ 18

出典元:ミズノ公式サイト

価格 14,850円

公式オンラインショップでほとんどのサイズが購入できます。(2020年2月27日現在)

公式サイトでは以下の説明をしています。

サブ4を達成し、次の目標を目指すランナーへ。
長距離を走る上での、適度な屈曲性と反発性を重視し、安定した走りをサポートするため
「 WAVE DUEL 」のプレートをAERO 用にカスタマイズ。
屈曲性を保つ事を追求した上で、高い前足部の反発性を実現する設計で、
サブ3.5を目指すランナーをサポート。

出典元:ミズノ公式オンラインショップ

 

白シューズ(プロトタイプ)

出典元:ヤフージャパンニュース smartFLASH(提供元 ミズノ)

プロトタイプ

非売品

市販品の販売未定

2020年の箱根駅伝で区間賞を獲得した選手10人のうち、9人が「ヴェイパーフライ」だ。

唯一、それ以外の靴で区間賞を獲得したのは、創価大学の10区・嶋津雄大選手(4年)だった。嶋津は区間賞だけでなく、従来の区間記録を19秒更新。タスキを受けた時点で11位だったチーム順位も9位に押し上げ、創価大に初めての箱根駅伝シード権をもたらした。

引用元:ヤフージャパンニュース smartFLASH

それ以外の靴、そのシューズが上の写真の「白シューズ」です。

ヤフージャパンニュースsmartFLASHの記事によれば、「白シューズ」も「反発性の高さが特徴」。ただし、カーボンプレートは入っておらず、ミズノが独自に開発したプレートや新素材を採用しているということです。

 

 

実際にどれも履いてみたいですね~

わたしの懐事情ではそんなわけにもいかないので、一択。

次は

「アディゼロ プロ」

にします。

 

2020年3月11日記事更新

【記事:芋太郎ブログ富土通(フドツウ)】